メッセージ作成形式の設定

メール作成形式を設定することができます。

(1)

[詳細設定]タブをクリックします。

詳細設定
(2)

[作成]タブをクリックします。

作成
(3)

[メッセージの作成]の各項目について、必要に応じて入力します。
入力項目の説明は下記を参照してください。
入力完了後、[保存]をクリックします。

メッセージの作成
  • 作成
    既定の作成形式を[HTML]か[テキスト]から選択します。
    [HTML]形式を選択する場合は、[フォント形式]、文字[サイズ]、文字[色]を指定できます。
  • 設定
    [メッセージの作成中にその下書きを自動的に保存]をチェックすると、保存ボタンをクリックしなくても、作成中のメッセージを自動的に保存します。
    [元のメッセージの形式を使用して返信/転送]をチェックすると、既定に設定された形式より優先して受信メッセージと同じ形式を使用して返信できます。
    [常に新しいウィンドウで作成]をチェックすると、メール作成時に作成画面が別ウィンドウで開きます。
    [メッセージを送信する前に必ずスペルチェックを行う]※スペルチェック機能は無効のため、本設定は使用できません。
    [コピーを送信済みフォルダに保存]をチェックすると、送信したメッセージが送信済みフォルダに保存されます。
  • 返信/全員に返信
    返信メッセージの本文に元のメッセージを含めるかどうかを設定できます。
    [元のメッセージを含める/含めない/最後のメッセージのみ含める※元のメッセージを添付ファイルとして含める]から選択します。
    ※[最新のメッセージのみ]を選択すると、メッセージの送信者によって書かれた部分のみを引用し、それより前のメッセージは引用しません。
    [プレフィックスを使用]をチェックすると、元のメッセージを引用(メッセージに表示)します。
    [ヘッダーを含める]をチェックすると、ヘッダー情報(元のメッセージの[宛先/差出人]および[件名])を引用(メッセージに表示)します 。
  • 転送
    転送メッセージの本文に元のメッセージを含めるかどうかを設定できます。
    [元のメッセージを含める/元のメッセージを添付ファイルとして含める]から選択します。
    [プレフィックスを使用]をチェックすると、元のメッセージを引用(メッセージに表示)します。
    [ヘッダーを含める]をチェックすると、ヘッダー情報(元のメッセージの[宛先/差出人]および[件名])を引用(メッセージに表示)します 。
  • プレフィックス文字:引用メッセージのプレフィックス
    メッセージを引用するとき、メッセージ行頭につける記号を[>]または[|]から選択します。